頭の中

 

デートをした。

家に着いたのは18時半だった。

また鬱日記になってしまう。

 

恋人って何だろう。

少し前に、LINEで彼に言われた。彼女ってことで良い?と。

 

わからないし、困ったし、今度会ったら話そうということになった。

 

しかし結局、話さなかった。

話そうと思ったが、言い出す勇気がなかった。

 

私は恋人だとは思っていなかった。

そもそも誰かの恋人なりうるような人間ではないと思っている。

卑屈で、自分が大好きな自分を好きになれない。

 

彼と2人っきりの時も、もう会えなくなった人と最後に会った時を何度も思い出した。

 

あの時のあの部屋を鮮明に思い出す。何もない部屋だったけど、私の行動とその空気には私の全てが詰まっていた。

あの変な部屋は私が確実に過ごした時間を切り取った。

性別を当てにして、醜く、情けなく、惨めな時間だった。

 

私の人生に起きたことを、それを全く知らない人と会っている間に、何度も思い出していた。

 

それはまた、私が性別に寄りかかっていたからかもしれない。女性というだけで愛でてもらえる、求めてもらえるという考えに懲りずにいたから。

 

しかし結局、今求められていても別の時間を頭に巡らせていた。

 

性別に意味はない。頼りにするものではない。当てにして求めてもらおうという考えは、私の性格では全く役に立たない。

気付いていたはずなのに、あの人の前では、私は女である事の他に何も太刀打ちできるものがないと感じてしまった。

浅はかだった。

 

また同じ考えに行きつく。自分を良くしなければ、何もうまくいかない。

 

胃が痛い。

ガスター10を飲んで寝る1日半。

私はいつか、まともに器用に、自分と誰かを受け入れる日が来るのか。今のところ自信はない。

 

 

この人とはもう一生会えないと思いながら過ごす時間。怖かった。

しっかりと、もう会えなくなった。

 

失恋とはまた違うのだが、それに似た何かなのだと思う。

 

こんな気持ちになることとは縁遠い人生だと思っていた。

発作的に涙が出てくる。

 

何をしていたら、どう過ごしていたら

また会えたのだろうか。

何を話していたら、何を話さなかったら、まだ連絡先を消されずにいたのだろうか。

もう連絡をとる術がない。

 

きっとこれは、彼がある意味真っ当で、ずる賢くて、自分に自信があったからなんじゃないかと思う。

私は、羨ましさや劣等感があるから、ずるいずるいと思い続けてしまう。

 

こんな終わり方ならずっと触れないで欲しかった。今回は。

女であることが本当に悔やまれた。

 

きっと。私にとっての彼の存在と逆とでは、きっと最初から何もかもが違っていて

私が勝手に悪い方に考えていた事も今の涙に関係していると思う。

 

優しくされない怖さを思い知った。

あまったれてんなって事なのか

 

しばらく引きずりそうだ

この忙しい時に…

 

少し前、仕事の事で意見を聞かれて言ったら、「やっぱり若いからそう考えるんだ」と言われた。

 

すぐに、年は関係ないと思いますよと言った。

 

まだ若いから大丈夫だよとか

女の子だし大丈夫だよとか

何を言いたいのか何となくはわかるけど、もし本気で言っているんなら、全く理解できない。

 

みんな真剣に言っているわけではないのだろうけど、なんか嫌な気分になるときがある。

 

恋人同士の時は浮気だったものが、結婚したら不倫になる。

その辺はわかるっちゃわかる。

どこから不倫かは人それぞれ。も、わかる。

当人同士はそんなつもりがなくても、周りから見たら不倫や浮気になるということがある。

 

男女が隣同士で歩いていたら、やたらと恋人や夫婦にしたがる目が多い気がする。(自分もまだそんな時があるから気をつけたい)

 

私は女だけど、好きで女に生まれたわけじゃない。もし男だったら不倫や浮気にならない?本当に?

私の恋愛対象が女性だったら?それは見た目でわかること?

 

 

それは全部周りの人達が見て妄想しているだけで、相手のパートナーの気持ちを考えられていない事とは全く違う気がする。

 

楽しんでいる分には全く問題ないし、どうぞご勝手にと思うし、一緒に笑えるけど、

 

こう思う人もいる、ああ思う人もいると言われても、じゃあどうしろっていうのと思ってしまう。

 

嫌いな人でなければ、男性だって女性だって、2人だって3人だって、私はお誘いに乗っていたと思います。

 

あ、もしかして、私に恋人や婚約者が居たらまた違うことを言われるの?

 

いわゆる固定観念というか、今までの考え方がこれからも常識だと思っている人は沢山いるし、そのままだってそれはそれで良いわけだから、

強く言えることは無いのですが、

私の考え方だって間違っているとは思っていないです。

こちらだけが許容するのは違うと思う。

確かめようがない事だし、それを聞いた周りの人の妄想が広がるだけ……

 

胃が痛い…

 

 

3年目

今の派遣の仕事をして、今月で3年目になった。

 

前に言われた事がある。

3という数字は、何だかんだで大切になってくると。

討議の時など、言葉を発するまでに3秒考えたほうがいい。

試用期間は3ヶ月。

まずは3年続けてみる。

 

最初はよくわからなかった。

何か間違った事を言ったとしても、後から訂正したらいいと思った。

試用期間のことは特に考えた事なかったけど、

仕事を3年続けないとすぐ辞める人と思われるみたいな。人によって違うでしょと思っていた。

今はそんなこと言う人は周りに居ないけど、そんな考え方がまだちらほら見えたりする。

 

今日もまた、目の前の好きな事、楽しそうな事をする。

しかし悩み事があるとなんだか気がそれてしまう。

それを解決しようと動き出すと、解決するまで一目散に突っ走らなければならない。

 

それが終わるまでの間、好きな事のお店、楽チンな道、その場しのぎの公園みたいなものが左右に連なっていて、横目で羨ましそうに見ながら、もしくは目を逸らしながら(できるかどうかは別として)進むことになる気がする。

その瞬間しかできない事であっても、娯楽だと一括りにできない事であっても、息抜きと言って立ち寄ったところで、きっと気がそれることには変わりないと思う。

 

目の前の事は明確で、こうしたら私が満足するとわかっている。

悩み事は何もかもわからない。どうしたらどうなるのか、どうしてどうなりたいのか、そもそも解決できるのか、何もわからない。

いったい、いつ、目前の快楽や癒しを心置きなく楽しめるのか。

 

でも、ただ生きてるのは1番辛い。生きてる実感がほしいし、自分で自分を認めてみたい。

 

現状に文句をつけているうちは何をやっても駄目だと思う。言い訳もそう。今の私はまさにそれ。

 

気がそれてしまうけど、それでも目の前の本を読む事に時間を使うし、好きな配信を見るし、給料に文句を言うし、たくさん寝る。焦りながら…。

 

こうしてまたカフェで読書をして…1年前とおんなじ事をしている。

 

みんなどうやって生き方を決めていますか。

 

暑さに

よくないと分かっているのに辞められないことが沢山ある。

二度寝したり、ニキビを潰したり、コンビニでご飯を買ったり…

その時は良いけど、後から後悔する。

 

そうゆう積み重ねが自分を作っていると思うとゾッとする時がある。

紛らわそうと別なことを始めても、結局そこに戻ってくる。

何もかもが中途半端なのだ。

 

ふと思い出す人がいて、尊敬できる人だったりする。

それは二度寝した後だったりする。

あの人は、私と同じ年の時、こんな自堕落な生活は送っていなかったのだろうと思う。

だから今、カッコいい、尊敬できる人になっているのだろうと。

 

毎日毎日暑くてイライラする。

汗が気持ち悪い。職場に着くまでに髪の毛がうねうねになる。

お風呂上がり、すぐ乾かしてサラサラになった髪の毛は、誰にも見てもらえないのだ。

 

やけになって、またよくない事をして、後から後悔して、、、

 

暑さのせいにしていいだろうか

虫が良すぎるだろうか

休日の意識

休みの日は何をしていますか

 

毎週同じことをしているわけでもないから、この質問をされた時は困ってしまう。

しかも先週の休日は何をしていたのか、本当に思い出せない時だってある。

今住んでいるアパートにも、1年住んでいないと思っていたら、「2年経つので更新の手続きをする人はしろ」と手紙が届いていた。

 

仕事に関しては、同じような事を忙しなく続けているから、少し思い出せなくてもいい。(よくはないが職業上仕方がない気がする)

 

しかし休日は違う。どう過ごすかは私が決めることができる。休日の記憶をなくすという事は、盛大な損だし、相当重い罪だと思った。

 

このままではきっとこの先、アパートの手紙みたいなものが目の前に立ちはだかる。その時はいろいろ手遅れに違いない。

 

そんな焦りがうっすらと、でも確実にあったからか、今月は予定がパンパンになっていた。

 

意識をして遊んだり、休んだりする。

楽しかったかどうかだけでも覚えていたい。

あわよくば自分の自信につながるような、有意義な休日を増やしたい。

 

そうして少しずつ償って、新しいスタートへの準備をしていこうと思えた休日だった。

 

f:id:TKHSHI:20180614215220j:image

これから

予定を済まして、少し寄り道をして、

帰ってぼーっとする。

映画やドラマ、誰かが必死に作った物語で頭を埋める

この映画を、本を選んだのは、あの人に影響されてるなとか思いながら

 

今を満足に生きられないのに、これからのことを考えたりしてしまう

 

理想とか妄想はずっとつづいていて、このままの生活もずっとつづいていて

ふと、満足に生きるなんてことが相当なわがままだと気づく。

 

憧れとか嫉妬とかがすーごい。

努力もしてないのにものすごい。ダサくて恥ずかしい

 

どうしたらいいかとか何がしたいかとかどうなりたいとか今とか将来とかが、わからない時期。

いつからか、こうゆう時は体に悪いものを体に詰め込んでしまう癖があって

見た目が気になって気になって

 

 

生理前だからかもしれない

最近わかった。こうゆうときは無になって、掃除と洗濯をするのが良い

 

夕方かと思ったらまだお昼だ

少し嬉しい